世界中でビタミンD旋風が起きている。
古くから「骨を強くする」「カルシウムの吸収を高める」ことで知られているビタミンであり、別段、目新しいものではないのに「なぜ?」と思ってしまう。だが、ビタミンDにがんを予防したり、抗菌効果があることが判明したのだ。まず、ビタミンDが発見されたいきさつから述べてみよう。脚や背骨が曲がり、直立すると脚がO字型に開く病気がある。くる病だ。17世紀のイギリスの子どもたちに蔓延したので、イギリス病とも揶揄された。

1824年ころ、ドイツの研究者が、肝油にくる病の予防と治療効果があることを発見したのだが、この治療法は広まらなかった。理由の一つは、当時の医師たちが、食物には健康に欠かせない微量栄養素が含まれていることを知らなかったことにある。

やがて、食べ物で実験的にくる病を発生させたラットに、日光浴させても、肝油を食べさせても、病気が治癒することが発見された。それから100年近く経過した1922年、皮膚と肝油に含まれる重要な因子が遂に捕らえられた。この因子はビタミンDと名づけられた。

以来、ビタミンDは骨を強くする栄養素とばかり思われてきたが、最近になって、ビタミンDにはがんや感染症を防ぐという効果もあることが新たに判明し、大ニュースとなった。

by Pixabay

ビタミンDの新しく発見された効果が最大になるのは、一般的な人々の血液中に含まれる量よりはるかに高いレベルのときであることも判明した。疫学研究からは、ビタミンDがやや不足するだけでがんなどの病気になりやすいことが示された。つまり、ショッキングなことに、大多数の人々にとってビタミンDは不足ぎみなのだ。

乳がんの半数を予防できる
ビタミンDを適度に摂っている人は、大腸がん、乳がん、皮膚がん、前立腺がんにかかりにくいことが経験的に知られている。その真偽を科学的に確かめるために、いくつもの治験が行われてきた。その1つは、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)医学部のセドリック・ガーランド教授らのグループが主導する治験である。2007年、同グループは、ビタミンDの摂取により、乳がんの半数を予防できる可能性があることを「ステロイドの生化学と分子生物学」誌に発表した(1)。

まず、1760人の女性をビタミンDの血中濃度によっていちばん低い群(血液1ミリリットル中13ナノグラム以下、13ng/mlと表記、1ナノグラムは10億分の1グラム)からいちばん高い群(およそ52ng/ml)まで、5グループに分けた。そして、グループごとの乳がんの罹患率をくらべたところ、いちばん低いグループがいちばん高かったばかりか、ビタミンDの血中濃度が上がるにつれ、乳がんの罹患率は低下していった。すなわち、ビタミンDに用量ー反応の関係が確認されたのである。これにより、ビタミンDの血中濃度と乳がんの罹患率は、因果関係、すなわち、 両者は原因と結果の関係にあることが裏付けられた。

また、同大学のエドワード・ゴーハム教授らのグループは、ビタミンDの摂取によって大腸がんの3分の2までを予防できるという可能性について、2007年の「米予防医学」誌に発表した(2)。

この調査でも、乳がんのケースと同じように、1448人をビタミンDの血中濃度によって5グループに分けの大腸がんの罹患率を25年間にわたって追跡した。結果は、血液1ミリリットル中34ngの人は いちばん低いグループにくらべて罹患率が半分になり、血中濃度46ngの人は罹患率が3分の1に減少していた。ビタミンDの血中濃度が上がるに連れ、大腸がんの罹患率が低下したことから、ここでも用量ー反応の関係が確認された

「活性型ビタミンD」が遺伝子をオンにする
実は、ビタミンDといっても1種類の物質を指すのではない。エルゴカルシフェロール(D2)とコレカルシフェロール(D3)の総称である。植物に含まれるエルゴステロールに日光が当たってD2ができる。一方、D3は、日光が皮膚に当たってできる。

D2もD3もそれ自体では効果は低い。摂取された後に代謝され「活性型ビタミンD(3)」にモデルチェンジしてはじめて効果を発揮する。そこで、これを利用して新しいタイプの抗がん剤を作ろうと、研究が進められている。
その1つが「活性型ビタミンD」によく似た合成化合物EB1089だ。この物質を加えることで、マウスのがん細胞の増殖が80パーセント抑えられた。同じような結果は、マウスの乳がんや前立腺がんでも得られている。

「活性型ビタミンD」は次のようにがん細胞の増殖を抑えるのではないだろうか。まず、摂取された「活性型ビタミンD」は細胞の核内に入り、DNAにドッキングし、いくつもの遺伝子のスイッチをオンにする。そう言った遺伝子の1つが、細胞増殖を抑えるガド45αである。また、がん細胞に自殺を命令する遺伝子もオンになることが確認されている。

日光浴で結核が治る不思議?
まだ抗生物質が発見される以前の20世紀初めのころの話だ。当時、日光浴だけが結核の唯一の有効な治療法として知られていた。日当たりのより地域に送られた結核患者は、しばしば健康を回復できた。
当時、効く理由は誰にも説明できなかったが、今では日光浴によって皮膚でビタミンDが合成され、血液の流れにのって全身に行き渡り、天然の抗生物質がつくられることが判明している。食事から摂らなくても人体で合成できるので、厳密にいえば、Dはビタミンではなく、ホルモンである。

結核などの病原体を殺すこの抗生物質は、カテリシジンという小型タンパク質で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のロバート・モドリン教授らのグループが発見した。これでようやく、日光浴で結核が治るという長年の謎は、ビタミンDによって活性化された免疫系の働きによって、結核菌を殺すカテリシジンが合成されることで解かれた。天気のよい日には外に出て日光に当たろう。

2倍以上摂らなければならない
ゴーハム教授によると、血中濃度46ngというレベルを達成するには、1日2000IU(50μg、IUは国際単位)のビタミンDを摂取するか、あるいは、身体の半分以上が露出する姿で、白人なら昼頃10~15分間、皮膚の色が濃い人では25分間の日光浴をすればよいとのことである。過剰な日光浴が皮膚のダメージを引き起こすことが周知されるようになったのはよいことだと思うが、逆に日光浴をする人が極度に減り、ビタミンD不足を招いている。

アメリカやヨーロッパでは、ビタミンDの1日推奨量を年齢に応じて200~600IU (5~15μg、IUは国際単位)と定めている。ビタミンDに関する多くの治験データを調査したハーバード大学の公衆衛生学科や他の研究者たちは、この推奨量が低すぎるという意見を発表した。彼らは、健康でいられる最低限のビタミンD血中濃度は30ng/mlで、それには1日に1000IUを摂取すべきだと主張している。

ちなみに、日本ではビタミンDの1日目安量(推奨量が示されていないので目安量を示す)を2.5~5μg と定めているが、この数値は、かの研究者たちの推奨量にくらべて格段に低い。今が、日本でもビタミンDの1日所要量を再考するチャンスだろう。

参考文献&脚注
(1) Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, February 2007. Gerland,CF, et al.

(2) Optimal vitamin D status for colorectal cancer prevention: a quantitative meta analysis. Am.J.Prev.Med 2007, Mar 32(3)210-6. Gorham,ED, et al.

(3)活性型ビタミンD は、1,25-ジヒドロキシビタミンD、1,25-ジヒドロキシコレカルシフェロール、カルシトリオールともいう。