マグネシウムは人体で4番目に多いミネラルである。マグネシウムは人体に存在するタンパク質の3750箇所以上にドッキングするため、健康への影響は計り知れない。だが、多くの人がマグネシウム不足になっている。たとえば、アメリカ人の50〜80%がマグネシウム不足といわれている。マグネシウム不足による健康へのマイナスの影響が心配である。
 というのも、マグネシウムは、人体における生化学反応において重要な役割を果たし、ヒトの適切な代謝に欠かせない。数例をあげておこう。

・ATP(アデノシン三リン酸)を生産する。ATPは人体におけるエネルギー通貨である。

・血管をリラックスさせる。

・心筋を含む筋肉と神経の働きをスムースにする。

・骨と歯を形成する。

・血糖コントロールとインスリン感受性を高める。どちらも2型糖尿病を防ぐのに欠かせない。たとえば、マグネシウムは膵臓のベータ細胞がインスリンを放出するのに欠かせないばかりか、インスリンを働かせるメッセンジャーの役割も果たしている。


by Pixabay

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について