最近、マイクロバイオームと心の健康には密接な関係があることが明らかになってきた(1)。その例を紹介する。2011年、カナダのマックマスター大学の研究グループは、生後8週間の正常なマウスと腸内細菌を取り除いたマウスを比較した結果を報告した(2)。
 それによると、腸内細菌のいないマウスは、正常マウスに比べ、リスクテーキングにおける行動レベルが高まったばかりか、ストレスホルモンのコルチゾールのレベルも上昇し、脳を成長させるBDNF(神経栄養因子)のレベルが変わったという。
 別の研究で、脳内のBDNFレベルが変化すると、ヒトでは不安とうつになりやすいことが判明している。これで「腸—脳軸」が心と行動に密接に関係していることが明らかになった。
 論文の著者であるジェーン・フォスター博士は、こういう。「誰でもストレスと不安が胃腸の状態を悪化させることを知っているが、私たちはそれを下から押し上げ、腸が脳とコミュニケーションすることを示した。これは、腸それ自体が脳に影響を及ぼすことを証明する最初の研究です」


腸内細菌 by Pixabay
 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について